MENU

 

 

身長が遺伝しないということが分かれば良いのですが、それでもやはり両親の身長が
低いというときには子供が小さいことがあるのでなんとか少しも身長が高くなるためにも対策をしたいです。

 

 

両親が身長が低いということが子供もやはり身長が低い傾向があるようです。

 

私も両親が身長が低いということがある、やはり身長が高いという事ではありません。

 

 

しかし遺伝と関係しているのかどうかわからないのですがいろいろな雑誌などを見ていると
遺伝と関係ないということでしっかりと食事などで栄養補給することで、身長が高くなるようです。

 

 

食事をしっかりと取る
栄養補給をする
睡眠をとる
運動をすること

 

 

 

 

このようなことが身長が高くなるための対策としてが非常に重要になるようです。

 

 

特に遺伝しないという事ではなく、生まれてからの生活環境で身長はやはり変化すると
いうことなので、しっかり対策をしおきたいものです。

 

基本は両親と同じような傾向があるかもしれません。

 

 

学生のときにも温度をすることでしっかりと体を伝えたり骨に刺激を与えたりすることで、対策をすることができるようです。

 

 

★食事の管理もしっかりと

 

 

食事の管理やはり対策をしなければならないので、毎日の注意をしなければならないですね。
子供にとっては食事の管理はなかなか難しいので、両親が対策をしてあげることが必要になります。
成長を少しでも高めるためにもホルモンの分泌が良くなるためには食事の栄養取る
ことが必要になるでしょう。

 

特に男子にとっては身長が高い方が良いというメリットがあるようです。女性でもスポーツを
している人は身長が高くなるための対策は必要です

 

成長するためには少しでもホルモンが分泌されることが必要になるので、思春期には
しっかりと対策をして挙げたいものです

 

 

★運動をすることも必要

 

 

子供たちにとってやはり運動することが必要になるので毎日の生活をもう一度見直すことも必要になります。

 

 

運動をする少しずつでもいいので毎日継続をすることが大切になりますから、階段を
利用したりすることも飛距離なるでしょう。

 

特に骨に刺激を与えてあげることが大切になるので、ジャンプなどもこれに刺激を与える
ことができますから、骨端線が刺激を受けて成長することになります。

 

 

トップページへ